検索メニュー

水道局では、サービスのさらなる向上と効率的な事業運営を行うため、水道事業ガイドラインに基づく主要背景情報(CI)および業務指標(PI)を算出しました。  

水道事業ガイドライン

「水道事業ガイドライン」とは、水道事業の事業活動全般を分析・評価するため各種規格を総合的に評価するものです。日本水道協会が平成17年1月に制定し、平成28年3月に規格改正された業務指標で改正後の規格に基づき算出しています。

各水道事業体の背景となる主要背景情報(CI)と、水道事業活動全般を多目的に定量化する規格である業務指標(PI)から構成されており、これらを活用することで、それぞれの水道事業体が自らの状況を客観的に判断し、課題を分析して解決を目指し、水道事業をさらに発展させようとするものです。

「水道事業ガイドライン」に基づく主要背景情報(CI)

  • 水道事業体のプロフィール(2項目)
    給水人口、職員数
  • システムのプロフィール(4項目)
    水源種別、浄水受水量など
  • 地域条件のプロフィール(3項目)
    有収水量密度、水道メーター密度、単位管延長

水道事業ガイドライン主要背景情報をPDFファイルにまとめました。

gaidorain_ci.pdf(133KB)(PDF形式:133KB)     (令和元年度版)

「水道事業ガイドライン」に基づく業務指標(PI)

  • 「安全で良質な水」(17項目)
    水道水の安全性をより一層高め、良質な水道水を供給する。
  • 「安定した水の供給」(57項目)
    いつでもどこでも安定的に水道水を供給する。
  • 「健全な事業経営」(45項目)
    健全かつ安定的な事業経営を継続する。

水道事業ガイドライン業務指標をPDFファイルにまとめました。

gaidorain_pi.pdf(490KB)(PDF形式:490KB)  (令和元年度版)