検索メニュー

安全で良質な水は水道料金で支えられています

水道事業は、市民税などの税金を使わないで、皆さんからいただいた水道料金ですべてまかなう独立採算制により経営しています。

 

水道施設の建設や改良の費用は企業債でまかないます

皆さんに安全な水を安定的にお届けするためには、いろいろな水道施設が必要です。
また、水道施設の建設や改良には、多くの費用が必要となります。民間企業のように株式の発行などによって資金の調達ができない水道事業では、費用のほとんどを国や金融公庫などからの借入金(企業債)でまかないます。
この企業債は、皆さんからいただいた水道料金の中から、毎年少しづつ利息をつけて返済しています。
このように、水道事業はもともと企業債に頼らざるを得ないものです。