検索メニュー

 水道局では、より安全で良質な水道水を供給するため、法令(水道法など)に基づく水質検査を行うとともに、水道局独自の水質検査を行っています。

この水質検査は、水道水の安全性を確認するために不可欠であり、大変重要なものです。


令和2年度の水質検査計画について

 水質検査の適正化や透明性を示すために、検査項目、検査頻度、検査対象などを記したものが水質検査計画で、水道事業者は、毎事業年度の開始前に水質検査計画を策定しなければならないと定められています。

このたび、過去の検査結果や寄せられたご意見を基に、令和2年度の水質検査計画を策定しましたのでお知らせします。

水質検査計画の概要

1.検査項目

(1)毎日検査項目
1日1回、給水栓水の検査を行うことが法令で義務付けられている項目。「色」、「濁り」、「残留塩素」の3項目です。
(2)水質基準項目
法令で検査が義務付けられており、全てが基準値に適合していなければならない項目。一般細菌、大腸菌、水銀、鉛など全51項目です。
(3)水質管理目標設定項目
将来、水道水中で検出される可能性があるなど、水質管理において留意する必要がある項目。農薬類、ニッケル、トルエンなど全26項目です。
(4)クリプトスポリジウム等
塩素消毒に強い耐性がある病原生物。「クリプトスポリジウム」と「ジアルジア」の2項目です
(5)クリプトスポリジウム等指標菌
原水中に存在する場合は、クリプトスポリジウム等による汚染の恐れがあることを示す菌。「大腸菌」と「嫌気性芽胞菌」の2項目です。

2.検査の対象

法令で検査が義務付けられている「給水栓水」に加えて、「原水」と「市内に送り出す前の水道水」を検査します。

3.検査頻度

検査項目、検査の対象によって、毎日、月2回、月1回、年4回、年1回行うものに分かれます。

4.農薬の検査

農薬が多く散布される夏季に行います。

5.臨時の水質検査

河川水質汚染事故など、水道水が水質基準に適合しない恐れが生じたときに行います。

6.精度管理

水質検査の信頼性を確保するため、精度管理体制を充実させ、技術レベルの向上に努めていきます。

令和2年度水質検査計画のダウンロード 

水質検査計画をPDFファイルにまとめました。


水質検査結果

 鳥取市水道局が行っている定期的な水質検査の結果などについては、下記のリンクからご覧ください。

河原・用瀬・佐治

suisitsukizyun12(minami).pdf(454KB)

気高・鹿野・青谷

suisitsukizyun12(nishi).pdf(522KB)

 

  指標菌およびクリプトスポリジウム等の検査結果

鳥取・国府・福部    sihyoukin12(tottori.kokufu.fukube).pdf(560KB)

河原・用瀬・佐治    sihyoukin12(minami).pdf(430KB)

気高・鹿野・青谷    sihyokin12(nishi).pdf(454KB)

平成30年度水質試験年報のダウンロード

水質試験年報をPDFファイルにまとめました。

nenpou_h30.pdf(PDF形式:9.1MB)